スイの6/広瀬良二   Soi no.6/Ryoji Hirose

スイの6/広瀬良二   Soi no.6/Ryoji Hirose

¥27,500 税込

送料についてはこちら

古紙にクレヨン/2020 400mm × 300mm Crayons on old paper/2020 400mm x 300mm ---- 広瀬 良二 Ryoji Hirose 1952年生。神宮前で古道具屋「Out Of Style」を経営していた時にオブジェを作り始め、現在は古い素材の質感を取り込んだオブジェ、コラージュ、ドローイングなどを制作。作品の表現方法が固定しないように意識した制作を続けている。 2013~15年に大阪「エッセンシャルストア」内ギャラリーで個展、2016年に目黒「金柑画廊」で東京での初個展「平行線の交叉する処」を開催。2017年 「空に落ちる線」 (大阪 ギャラリーヨルチャ)、「線の速度」 (SEIN 祐天寺)などがある。 Born in 1952. Began making objects while running an antique shop "Out Of Style" in Jingu-mae, and currently creates objects, collages and drawings that incorporate the textures of old materials. He continues to create objects, collages and drawings that incorporate the texture of old materials. In 2013-15, he held a solo exhibition at the gallery in "Essential Store" in Osaka, and his first solo exhibition in Tokyo, "Where Parallel Lines Intersect" at Kinkan Gallery in Meguro in 2016. 2017 "Lines Falling into the Sky" at Gallery Jorcha, Osaka, and "The Speed of Lines" at SEIN Yutenji. instagram:_h_i_r_o_s_e_ instagram:_h_i_r_o_v_o_n_ 【個展】 2020年 「尻尾を隠さず隠れる」(流浪堂/学芸大学) 2019年 「最後通告」(金柑画廊/目黒) 「ものたりず」(亀戸アートセンター/亀戸) 「女の回し蹴り」(幾何/清澄白河) 2018年 「この先の不在」(TETOKA/神田) 「蒸発する地平、景色の喪失、速記者」(流浪堂/学芸大学) 「皺と襞」(金柑画廊/目黒) 2017年 「空に落ちる線」(ギャラリーヨルチャ/大阪) 「線の速度」(SEIN/祐天寺) 「あいまいの狭間」(金柑画廊/目黒) 2016年 「平行線の交叉する処」(金柑画廊/目黒) 【その他】 【グループ展】 2020年 「ARTC」(亀戸アートセンター/亀戸) [Solo Exhibition] 2020. "Hiding without hiding your tail" (Ruroudo/Gakugeidaigaku) 2019 "Last Call" (Kinkan Gallery/Meguro) "Monotarizu" (Kameido Art Center/Kameido) "Woman's Crank Kick" (Kika/Kiyosumi-Shirakawa) 2018 "Absence in the future" (TETOKA/Kanda) "Evaporating Horizons, Loss of Scenery, Stenographer" (Ruroudo/Gakugei daigaku) "Wrinkles and creases" (Kinkan Gallery/Meguro) 2017 "Lines Falling into the Sky" (Gallery Yolcha/Osaka) "The Speed of the Line" (SEIN/Yutenji) "Clarity existing in ambiguous" (Kinkan Gallery/Meguro) 2016 "The place where parallel lines intersect" (Kinkan Gallery/Meguro) [Others] [Group Exhibition] 2020. ARTC (Kameido Art Center/Kameido)